債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

詳しく知っていると困った時に役立つ!
お金ともっと向き合おう!

あなたはお金についてどのように思っていますか?

お金の使い方は人によって違います。まずサラ金で困ったと思ったなら、何が原因だったのかを考えていくようにしましょう。案外身近なところに原因があったりします。

例えば、買い物が好きで分割払いでショッピングばっかりしている、ギャンブルが好きで競馬や競輪などに多くのお金を賭けているなど、いろんな理由があるはずです。

お金はしっかりと管理していなければ、湯水のようにさらさらと流れて行ってしまいます。当サイトは、もしお金を借り過ぎてしまったときなどの困ったときにお役立て頂ければ幸いです。

債務整理の方法

キャッシングローンをし過ぎない!
お金が流れる原因はお金があるから

お金について考える時に一番大切なことがあります。それは「お金の流れ」を知る事です。

そもそもお金を持っていなければ何も買うことはできないし、お金の流れもありません。そこで登場するのが金融業者です。ローンを組んでお金を借りることが出来てしまうのです。

ここに矛盾点があります。

「サラ金業者で借りるお金=自分のお金ではない」ということです。湯水のように湧いてくる自分のお金だと思ってしまう人は要注意です!

つまり、お金を借りず、自分のお金だけを使えば「何も困ったことは生じない」のです。

この原点に振り返り、サラ金業者とどう付き合えばよいのかを改めて考え直してみましょう!

借金問題で弁護士に相談するなら。

弁護士が扱うお金の問題

弁護士はお金に関する事が原因で発生した問題というのも扱っており、相談する事ができます。

お金と言ってもいろんなお金があります。その中で、借金に関する事で弁護士の元にやってくる人は多いみたいですが、それだけではありません。

他にも、仕事における給料や残業代、商品の売買における金銭トラブル、税金、年金、不動産における家賃やローンなどいろんなお金の問題があります。

お金に関する問題の中でも、高額なお金の問題に関しては司法書士では扱う事ができない場合もあります。命の次に大事な物ですので、思いもよらない問題や相手側と上手くいかないという事が出てくる事もあります。

しっかりと解決したいですね。

借金相談を司法書士する利点

借金に悩んでいる人は年々増えている傾向にあります。そうしたなかで自分の借金を解決していくにあたって、いくつかの方法があり借金の相談先については、自分で選んでいくこととなりますので、確実な方法で解決していきたいと思うでしょう。

一つの相談先として司法書士をあげることができます。司法書士であれば立派な法律家でありますので、安心して借金相談することができますし、費用も弁護士に比べて安いことがあげられますので、利用しやすいことでしょう。借金問題に長けている事務所もありますので、そのような事務所を利用して解決してもいいでしょう。

多重債務を短時間で克服するなら債務整理

大量に残っている借金、そして残されている借金の会社が多いのは、支払いを行えない状況を作ります。毎回返済しても変わっていかない、生活費まで削らないとどうしようもない状況になってしまうのです。こうした問題を考えると、多重債務は早めに解消しなければなりません。

そして債務整理が一番簡単な方法となります。おまとめローンよりも気軽に、更に減額できる幅が広いこともメリットになります。しかも自己破産という選択まで考えられるので、相談をすれば多くの減額方法を確保できます。様々なメリットを踏まえると、多重債務は債務整理がおすすめです。

多重債務こそ過払い請求が必要

複数の貸金業者から借り入れ、多重債務状態になっている場合において、毎月の返済は非常に苦しくなっているケースが予想されます。そのような人たちにとっては、日常生活を過ごすことも苦痛になってきますので、そのようになる前に第三者に相談することです。

借金の解決をしたいのであれば法律家に借金相談数することです。法律家であれば豊富な知識と経験を持ち合わせていますので、一人一人にあった債務整理や過払い金請求などの手段を導き出してくれるでしょう。勇気のいることになりますが、まずは相談してみることをおすすめします。

多重債務を抱えている人はまず過払い請求

多重債務を抱えてしまった人は自己破産などを考える前にまず自分A過払い金がないのかどうか確認してみましょう。もし過払い金があるようでしたら、過払い請求をすることができるので、自分にお金が戻ってくる、もしくは過払い分借金を減らしてもらうようなこともできます。

少しでも減れば、気持ち的にも、金銭的にも楽になりませんか?自己破産は確かに今まで抱えていた借金が0円になるため一見するとかなりいい方法に見えますが、こちらには大きな代償もあります。またその代償は5年から7年抱えて行かなければならないのです。家族にも内緒で返済している人はまずこういった細かい所から解決してみましょう。

任意整理と自己破産の方法について

任意整理と自己破産の方法については、それぞれでメリットデメリットがあります。任意整理においては債権者との交渉になり、示談での解決を行うことが目的になります。方法としては借り入れている借金を分割すること、将来支払う予定の利息をなくすことが主な内容になります。

しかしながら、貸金業者によってはこの方法で応じてもらえない可能性もありますので、しっかりと相談した上で実行することが大切です。又、自己破産においては裁判所を通さなければいけないので、期間がかかり手続きも大変なものになりますが、借金をゼロにすることができます。

遺言書作成で知っておきたい公正証書遺言書

遺言書作成は直筆で書く場合と、公正役場に依頼して作成する公正証書遺言の二種類があります。直筆と公正証書遺言は、どちらも専門家に依頼することで作成してもらえます。直筆の場合は、司法書士にお願いしましょう。

何度も打ち合わせを繰り返して遺言書を作りますが、依頼費用は安く済むことが多いです。法的効力としては、公正証書遺言が家庭裁判所の検認なく、簡単に執行できます。遺産が多額になり、親族同士で争いが起きてしまう場合は、公正証書遺言をおすすめします。どちらを選択するにも、自分の遺産や親族の多さを確かめることが重要です。

遺産分割協議で相続財産を決めても良いです

遺産分割協議は、相続財産を相続人でどのように分けるのかを全員で話し合い、決めていく協議のことです。基本的には、遺言書があれば遺言通りに分割をする指定分割か、民法で定められたとおりに分ける法廷分割となりますが、分割協議を行い全員が同意をすれば、指定分割や法廷分割に拘る必要はありません。

分割協議に全員が同意をすれば問題はありませんが、全員の同意を得られない場合は、家庭裁判所で遺産分割を行う事になります。分割協議は、必ず相続税の申告期限までに完了し、遺産分割協議書を作っておく必要があります。この書類がなければ、相続税の優遇が受けられなくなってしまう可能性があるのです。

法廷相続人には遺留分が認められています

遺留分は、遺言書によって、法定相続分を侵害された法廷相続人が遺言書の内容を拒否し、法定相続分を取り戻すことが出来ます。法律では、遺言書に従い、故人の財産を分割すると決められていますので、愛人に全ての財産を与えるという遺言書を残すことも認められています。

しかしながらこれでは、残された家族が安定した生活が送れなくなってしまうので、遺言書がどのような内容であったとしても、法定相続分は必ず確保することが出来るようになっているので、愛人から一部財産を取り返すことが出来るようになっています。この権利を遺留分といいます。

遺産相続手続きを実施するにあたって

遺産相続手続きを実施するにあたって、該当する相続人を集めなければいけません。相続人については財産分与を放棄しない限り、参加が義務付けられてしまいますので、忙しい場合には調整するのが大変であることが言えるでしょう。

相続をおこなっていくに当たって、誰一人として同じケースはありませんので、どのような傾向になっていくかも、予測しづらいでしょう。しかしながら、財産が分けやすい場合においてはスムーズにおこなっていくことができるでしょう。反対に分けづらいようなものには、トラブルになる可能性もありますので、そのような事態を予測しておくことが大切でしょう。

弁護士基準で交通事故慰謝料は計算してもらいましょう

交通事故慰謝料はいろいろな計算方法で計算をしていきます。弁護士基準、任意保険基準、自賠責基準で、自賠責基準は一番安価な計算方法となっていて、弁護士による計算が一番高価となっています。

交通事故に遭うと自賠責基準による計算方法で慰謝料を提示されますが、納得が行かない場合はすぐに弁護士に相談をして、弁護士基準で計算をしてもらうようにしてください。自賠責基準よりも高い額を請求することが出来ます。弁護士に依頼をすれば代理で交渉などもしてくれるので頼りになります。慰謝料に納得がいかない場合はすぐに相談をしてください。

交通事故相談は早めに行う事で後遺障害にも対応可能に

弁護士に交通事故相談を行う時は、示談金が支払われる前に相談をする事が大切です。示談は合意による解決となる為、示談成立後に後遺障害が出ても、治療費等の請求をする事は出来ません。示談金がしっかりと支払われていれば、示談金で治療が可能となりますが、示談金を決めるのは加害者が加入している保険会社です。

保険会社は少しでも支払いを少なくする為に交渉をしてくる為、しっかりとした示談金を受け取れない可能性が高くなります。こうした状態にならないようにする為には、示談が成立するよりも前に、交通事故弁護士に相談をしておく事が大切です。