債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

焦らず対応したい交通事故とその慰謝料

予想外の交通事故に戸惑う人も多く、慰謝料の解決に焦りを感じる人もいる様です。焦る気持ちは理解できますが、交通事故の完全解決に向けて慰謝料の確定など一つずつ対応する必要があります。

交通事故とその慰謝料は焦る必要はありませんが、そのままにしていると、当時の事を忘れてしまったり、慰謝料関連の書類にサインをして提出してようやく交通事故が解決になりますので、後回しにしない方がいい事もありますが、焦るといい事もないと思われます。

落ち着いて交通事故とその慰謝料に対処できればいいですが、実際にはなかなか難しい事もあると思います。そんな困った時には、きっと法律家が手を差し伸べてくれる事でしょう。

後遺障害の交通事故慰謝料

交通事故が原因となった後遺障害については、所定の介護料や慰謝料などが保険会社から支払われることになるのが通例です。しかし、実際にどの程度の障害が残っているのか、またどのような部位に対して障害が残っているのかといったことについて、あらかじめ等級認定を受ける必要があります。

この認定そのものは、保険会社を経由して行うことになるため、診断書などの書類を揃えるだけで構いませんが、認定された等級次第では、交通事故慰謝料の金額が不十分なほどに安くなってしまう可能性があります。こうした場合ですが、弁護士のような法律問題の専門家に相談をして、適切なアドバイスを仰ぐのが、解決の近道であるといえます。

交通事故慰謝料には通常の傷害と後遺障害の二つがある

交通事故慰謝料に含むことが可能な賠償には、通常の傷害と後遺障害と呼ばれる重い障害の二つがあります。一般的に、交通事故における怪我の程度がそれほど大きくはないケースでは、通常の傷害の範囲内で慰謝料請求を行うことになりますので、それをもとに保険会社も示談金を計算することになります。

一方で、後遺障害に分類されるケガに認定されると、通常の傷害の慰謝料分に含めて、特別に等級認定と呼ばれる傷害のレベルを表した特別な賠償請求も行うことができます。等級認定を受けた場合にはこれら二つの基準から金額を計算するので、必ず大きなお金を請求できます。

後遺障害が出た時は、交通事故慰謝料請求できる?

交通事故を起こした場合、よく後で後遺障害をおこすことがあります。この場合、交通事故の相手に請求できる慰謝料には、2種類あります。一つは、事故によるケガで受けた精神的損害賠償の傷害慰謝料、もう一つが事故により完治しない後遺障害が残ってしまった場合の損害賠償である後遺傷害慰謝料です。

むちうちの場合、後遺傷害慰謝料が認められるケースと認められないケースがあるので、弁護士などに相談してみるのもよいでしょう。むちうちなどのように、追突事故直後に症状が出ない場合でも、必ず整形外科などの受診を受けておくことが交通事故慰謝料の請求において重要なことです。

交通事故慰謝料の後遺障害分は等級に応じて金額が決まる

交通事故に遭ってケガをすると、そのケガの治療が終わっても回復が期待できない症状が固定的に残ることがあります。その症状によって生活に影響が出たり、働く能力の低下などが認められると後遺障害に認定されます。障害に認定されると、入通院したことに対する傷害分に加えて別に障害分の交通事故慰謝料を請求することができます。

後遺障害には等級制度があります。等級制度は、障害の内容や程度を数字で示すものです。障害分の交通事故慰謝料は、認定された等級に応じて決定されます。交通事故に遭って障害が残ってしまったら、慰謝料を請求するためにはまずは障害の等級認定を受ける必要があります。

交通事故弁護士に慰謝料を相談について