債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

遺留分の権利について

遺留分は法定相続人が行使できる権利になります。その権利は故人か執筆した遺言書であっても、その権利を覆す事はできないと法律で定められています。遺言書の内容があまりにも不公平な場合には権利を行使することが可能となり、遺留分減殺請求権の行使をおこなった後に遺産を取り戻すことが可能となります。

しかしながら、法定相続人がその権利を放棄した場合においては、もともとの遺言書が優先されることになります。このような細かい法律が制定されていますので、専門家に依頼した方が間違いはないでしょう。不安や疑問な点などがある場合には専門家に問い合わせすることをおすすめします。

遺留分の権利を行使する

故人が亡くなった場合には遺産の相続が行われますが、そのようなケースで予想されるのが遺産のトラブルです。円滑に進めていくには自分たちだけではなく、法律を専門としている弁護士や司法書士などに、遺産分割協議の司会進行役などを依頼することも大きな手段としてあげることができます。

もう一つの手段としては故人が生前に遺言書を作成していることがポイントになるでしょう。遺言書の内容については遺留分だけが優先とされますが、そのほかについては遺言書の内容が優先されますので、相続人同士のトラブルを未然に防ぐことも可能でしょう。

遺留分の詳細な内容について

遺産相続をおこなう場合において、生前に故人の記載した遺言書が残っているようであれば、故人の意思が尊重されることになり、遺言書の内容に沿って遺産の相続をされます。しかしながら例外もあり、遺言書の内容が法定相続人の権利を著しく損なうようなものであれば、遺留分の権利が行使されることとなります。

遺留分については法定相続人の生活を維持するための保障となりますので、このような保障が民法によって定められています。しかしながら、法定相続人がこの権利を行使しないようであれば、遺言書の内容がそのまま生かされる形になります。

遺留分を忘れるトラブルが多い

以前から、遺留分を把握しないまま分割を行ってしまい、本来であれば無効とされている状況になるケースが増えています。遺留分は最低限の保証として使われており、この部分がしっかりされていないと無効になります。

後から請求される可能性もありますから、普通に考えれば絶対に残しておきたいものです。しかし考えずに分割したことで、後から問題になるケースがどんどん出ています。請求されてお金を返さなければならない場合、または分割自体が無効とされて、またやり直しをするなどの問題が生じます。なるべく考えて行わないと駄目なのです。

遺留分の訴訟は弁護士にお願いしよう

もし遺留分を渡してくれなくて、自分が受け取れる遺産がもっと多かった場合、個人で解決する方法は難しいです。個人では対応できる方法が少ないことや、電話をしても対応してくれない問題があります。

そこで弁護士に相談して、遺留分の訴訟を起こしておきます。これなら必ず話し合いをする状況となり、和解ができない場合は裁判で判断を示してもらえます。弁護士がいないと、自分を守ってくれる人が少なくなりますから、どうしても厳しくなってしまいます。個人で訴訟を起こすような方法ではなく、弁護士を通じて行ってもらう手法がいいです。

遺留分、遺産分割協議について