債務整理について

詳しく知るためのバイブル

遺言書も遺留分の方が優先される

決められている内容について、法律で定められている金額が書かれているのは遺留分の方です。遺言書は、残されている人にこのように支給してほしいと書いている内容ですが、遺留分については優先される傾向がありますので、この内容が間違っている場合には裁判を起こされる可能性もあります。

書かれている内容を優先するのではなく、まずは法の部分を考えてから支給を検討してください。遺産分割は、意外なトラブルが起こりやすいとされていますが、分割に関連している要素を無視している人も増えているので、間違えないように気をつけましょう。

遺留分を侵害していると遺言書も無効になります

遺言書を作成する場合は、家族の誰にどの遺産を相続するのかなどを示すことが出来ます。有効な内容の場合は、内容に従い遺産分割を行っていきます。しかし、愛人に全ての財産を相続するなどといった、特定の人物に偏った内容の場合は、残された家族の遺留分を侵害していることになるので、無効として最低限の保証額を相続することが出来るようになっています。

遺留分は残された家族が最低限生活することが出来るように一定の割合を必ず相続することが出来る権利で、この権利を侵されている場合は、遺言書の存在を確認出来ていたとしても無効にすることが出来ます。

遺留分は遺言書を作成するときの留意点である

自分が亡くなる前に残される家族への備えとして、遺言書を作成しようと考える方は多いでしょう。しかし、書き方のルールや法律的な問題に悩まされることも多いはずです。

自筆で記入し封をする方法であれば、書き方を間違えなければ、その都度自分で書きかえることも可能ですし、公証人を立て自分の遺言を法的に書き残す方法であれば、多少の費用は必要ですが、安全に保管でき亡くなった後は家裁を通さずすぐに開封が可能という利点もあります。どちらにしても留意点として知っておきたいのが、遺留分についてです。法定相続人の中でも条件を満たしている特定の人間が請求できる財産分与に関する権利です。

遺言と遺留分の優先度について

遺留分というのは、民法で定められている一定の相続人が最低限相続できる取り分・財産のことを指します。遺言書で特定の人物に財産の全てを相続させるためには、この点が問題になってきます。本来、財産というものはその所有者の意思に委ねられるはずのものですが、相続の場においては遺留分という制限が課されることになるのです。

基本的には遺言の内容よりもこちらが優先されることになりますが、被相続人の生前に、相続人の希望によってこの権利の放棄をする行為は可能です。ただし、相続人の意思によるものであって、強制力はありません。

遺言書作成時は遺留分に注意しましょう

遺言書作成時には、遺留分に十分注意をして、作成するようにしてください。せっかく遺言書を作成しても、権利を侵害していると無効になってしまう可能性がとても高いです。この権利は、相続人の続柄によって、割合が定められているので、下回らないように分割していかないといけません。

遺留分をしっかりと守っている場合は、内容通りに遺産分割を行い、誰に何を遺産相続させるのかを決めることが出来ます。この権利は、必ず守らないといけないので、十分注意をしながら、作成するようにしてください。不安な場合は弁護士を利用しましょう。

遺留分、遺産分割協議について