債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

別居中に離婚の事で弁護士相談

近い将来離婚を考えているという場合には、別居中の人も多いと思います。別居中の場合には、自由に行動できますので、離婚について弁護士相談をするなど行動しやすい事も考えられます。

また、相手と連絡が取れない人が弁護士に法的にきちんと離婚したいという事で相談に来る事もあります。離婚成立までに時間がかかる人もいる様ですが、弁護士が離婚に向けて必要な事を相手に伝え、聞き出してくれるので交渉は楽に進められそうですね。

法律の事については弁護士が秀でています。相手と話をすると口論になって、前に進められないという状態であったとしても、離婚弁護士が仲介する事によって、クリアできる問題も多いと思います。

モラハラ離婚の際に請求できる慰謝料

最近はモラハラとよばれる言葉による暴力で離婚に至るカップルが増加してきています。そんなモラハラ離婚の場合には相手に慰謝料を請求することが可能です。

そもそも慰謝料とは相手に与えた精神的、肉体的苦痛に対してしはらうお金であるためモラハラが原因で離婚に至った場合にも相手に請求することが可能になります。そのためには、まずモラハラ行為の証拠を残す必要があります。

モラハラは言葉による暴力のため、相手がモラハラをしている最中の会話を録音したり、日記をつけることが有効な手だてと言えます。また、精神的な苦痛を受けた場合には心療内科を受診して診断書をもらうこともモラハラの証拠として効果があります。

モラハラ離婚とお金の事

モラハラが直接の原因であったとしても、モラハラ離婚をするからには、いろんなお金の事について決めないといけません。

モラハラ離婚の際には、財産やローン、または慰謝料や養育費など非常に金額が大きく論点となる事もあります。

モラハラ離婚の話合いにより、争いが発生する事も考えられます。ですので、モラハラ離婚の話合いは慎重に進める必要があると考えられます。

また、当事者がモラハラ離婚のお金の事について話をすると、つい自分の欲や感情を持ち込んでしまう事もあります。ですので、特にお金の事はなるべく自分達だけで行わないで、第三者に仲介してもらう事が好ましいと考えられます。弁護士は仲介役にふさわしいでしょう。

被害者が相談するモラハラ離婚

被害を受けている人がモラハラ離婚をしたいと相手に伝えても、聞き入れてもらえない事もあり、モラハラがひどくなるというケースも考えられます。そうなると、モラハラ離婚の条件を調整する事はより一層難しくなるという事も考えられます。

ですので、モラハラ離婚の事で悩んでいる被害者は、できるだけ第三者である法律家に間に入ってもらうのがベストと思います。法律の面から、どの様な場合にモラハラ離婚が成立するのかとい事を知り尽くしている弁護士は、被害者と加害者が対等な立場でモラハラ離婚のやり取りができるチャンスも設けてくれます。困っている事や、今後の事で心配な事はぜひ打ち明ける様にしましょう。

離活の一つとして弁護士の離婚相談

離婚のための活動を離活と言いますが、その一つに弁護士の離婚相談が挙げられるでしょう。なかなか離婚に踏み切る事ができず時間がかかるという人もいる様ですが、弁護士の離婚相談を受ける事で、何らかの形で前進できる事もある様です。

離活を開始して間もない人が、弁護士の離婚相談を受ける事もでき、その後離婚をしたいかどうかと決める際の参考になる事もあります。離活と言っても何をしていいか分からない事もあると思いますが、弁護士の離婚相談を受ける事で、少しずつ考えるべき事がはっきりすると思います。

最初に弁護士の離婚相談を利用しておくと、離活が終了するまで、困った事などを相談する事ができますね。

離婚相談を弁護士に依頼する前に証拠は必要?

離婚相談のときに、配偶者の浮気やDVなどの証拠がある場合にはそれらを持参していくことがおすすめです。しかし、必ずしも前もって探偵に依頼をして、証拠を入手しておく必要はありません。

ってくれます。基本的にはあなたの話を信じてくれるでしょう。しかし、嘘をついたりすることは、後で裁判になったときなどに不利に働いてしまうので、やめておきましょう。弁護士には正直に本当のことを話すことが重要です。

弁護士、司法書士について