債務整理について

詳しく知るためのバイブル

過払いと多重債務の関連

現在多重債務を抱えている方の中には、過去の借金がそのまま引き継がれており、実際にはもっと少ない金額を返済すればいいだけの可能性もあります。そこで過払いをチェックしてもらうのですが、全ての会社から発生しているのではなく、一部の会社だけ発生しているケースが多いです。

最近借りている場合は、金利が定められている数字よりも小さいので、余計な支払いが発生する状況は起こらないのです。つまりかなり前に借りている会社以外は、出ていない可能性もあります。過払いと多重債務には、昔の状況がかなり関連しており、最近の借り入れなら発生していない可能性も高いです。

過払い金請求をすると多重債務から解放されるかもしれません

多重債務で困っている方は、弁護士に相談をしてください。弁護士に相談をすることで債務整理を行い、借金の減額や返済の目途を立てることが出来ます。過払い金請求においては、払い過ぎた利息を返してもらうことが可能で、借金が全てなくなったというケースもあります。

どれだけの過払い金があるのかは、弁護士に相談をするとすぐに調べてもらうことが出来るので、多重債務でどうしたら良いのかわからない場合は、弁護士を利用し解決してもらうようにしてください。多くの人が弁護士を利用し、借金問題を解決して元の生活を手に入れることが出来ています。

多重債務は過払い金請求をすることで解消できるかもしれません

多重債務者は多くの金融機関から借入れを行っている人の事で、多額の借金を抱えています。そんな方は多くの金融機関から利息を多く取られている人が多くいます。弁護士を利用し、過払い金請求をすることで、払いすぎた利息を返してもらうことが出来ます。

返してもらった利息を、借金の返済に充てる事も出来るので、借金が全て無くなったというケースもとても多くあります。多重債務で困っている方は、弁護士を利用し過払い金請求をして、借金から解放されるようにしましょう。無料相談を行っている、弁護士事務所が多いので、気軽に利用することが出来ます。

多重債務の人が過払い金請求するときに気を付けること

多重債務を抱えている人は少しでも、返済金額を減らしたいものですよね。第一に見るべきは今自分に過払い金がないどうかという点ですが、現在返済している人が請求をかける場合、一つ気を付けなければならないことがあります。

それが、返済途中で請求をかけると、債務整理にあたるということです。債務整理をするということが信用情報に少なからずとも傷がつくということになりますので、よく考える必要があります。しかし毎月、これ以上返済できないから別のところから借りなければという生活を繰り返しているのであれば、それはその状況をなんとかするほうが先です。

多重債務者が過払い金の請求をするには

借金が膨れ上がると、金利の返済でさえ難しくなるケースがあります。複数の貸し金業者から借金している人を、多重債務者といいます。まずは弁護士に借金相談をして、今後の方向性を探ります。

多重債務者になると、過払い金の請求ができると思われがちですが違います。請求は、返済をし終えた借金しか対象になりません。そのため、請求は債務整理にあたりません。請求額によって、弁護士か司法書士か相談できる相手が変わります。まずは近くにあるいずれかの事務所に問い合わせます。契約書や明細がなくても、気にせずに問い合わせてください。

過払い請求、債務整理、自己破産について