債務整理について

詳しく知るためのバイブル

遺留分の詳細について

遺留分の権利は法定相続人にだけ民法で定められている保障のことを指します。本来であれば故人の遺言書が何よりも優先されるべきなのですが、中には例外があり、万が一法定相続人に不利益であるような遺言書だった場合には、遺留分の権利を行使することが認められています。

この法律は法定相続人の生活を守るために制定された法律であり、最低限の保障を得られるようになっています。遺産相続にはさまざまな法律が絡んでいますので、不明な点や疑問に思うことなどがあれば、法律事務所や司法書士事務所などに問い合わせて見てもいいでしょう。

遺留分は意外な人に該当している

必ず受け取れる金額となる遺留分ですが、意外な人が該当している場合もあります。それは生まれたての赤ちゃんです。赤ちゃんは遺留分を受け取れる対象に入りますから、生まれている子供がいるなら遺産をもらえます。

最低限の金額を決めるので、その金額だけは支給してもらえると思ってください。これによって一応家に入る金額が増える可能性もあり、少しだけ嬉しい状況が生まれます。もちろん受け取った金額は、赤ちゃんが使うのではなく親が考えるものです。色々な用途で使う方法を考えて、なるべく無理をしない程度に利用してください。

家族の遺留分を検討しよう

子供が遺留分の対象となっている場合、親がそのお金を受け取ることになりますが、受け取った後は使いみちを検討しなければなりません。どのように使っていくか、それとも残しておくかを検討して、受け取った金額を理解しておきます。

かなり多くの金額が支給される場合、教育費などの使いみちもあります。あまりもらえない場合は、そのまま貯金する手法もあります。遺留分は、子供にも支払われる可能性があります。その場合に親がどういった使い方をしているかが重要になります。受け取った時点で考えるか、それとも先に決めるかが大事です。

兄弟、姉妹に認められない遺留分

法定相続人が最低限の遺産相続を取得できるのが遺留分といいます。遺言書などにて、自身の遺産を侵害されていた場合、遺留分減殺請求を行うことで遺産を取り戻すことができますが、兄弟や姉妹に関しては認められていません。

なぜ、兄弟や姉妹が認められていないのか、それは被相続人との相続関係が遠いことに原因があります。遺産相続には、法律で順位が決まっているため、例え訴訟を起こしたとしても、認められる望みは少ないでしょう。ただし、兄弟や姉妹は代襲相続として相続できるようになっています。兄弟や姉妹に該当する方は、法律制度に注意しましょう。

遺産相続における遺留分のトラブルについて

遺産相続において故人が遺言書を残している場合、残していない場合に比べてスムーズに相続手続きを行うことができます。しかし相続人の法知識の無さが原因で、後にトラブルへと発展する場合もあります。法律によって相続が保障されている最低限の財産を遺留分といいます。

この権利は、故人の配偶者、子供、父母にのみあります。たとえ権利者の名前が遺言書に明記されていなかったとしても、権利者は相続人に対して遺留分を請求することができるのです。相続の際にこの権利を知らないがゆえ、後々になって権利者が騒ぎを起こすトラブルは後を絶ちません。遺言書に従って相続を行う際にも、必ず法律の専門家への相談を行っておくのが安全です。

遺留分、遺産分割協議について