債務整理について

詳しく知るためのバイブル

遺留分の内容を知っておこう

遺留分は、被相続人の兄弟姉妹以外に認められ、相続人に対して最低限の財産保証となります。しかし、遺産は被相続人が遺棄しようが、第三者に相続させようが遺言書の内容に従うしかありません。ですが、被相続人が亡くなった後に、相続人の生活が困難になってしまう場合もあります。

侵害された分を取り戻すには、遺留分滅殺請求を行わなければならなく、これには1年という期限があります。これを過ぎてしまうと、請求ができなくなってしまうので、十分注意してください。少なくとも、自身の遺産が相続されているとわかった日から、1年となるので知らぬ間に過ぎることがありません。

遺留分があれば生活にもプラスに

もし大事な人がなくなってしまい、その人が持っている遺産を少しでも分割してもらえれば、遺留分で生活できる可能性があります。この状況をしっかりと作るためには、どれくらいの人が受け取れるのかチェックしなければなりません。

人数が間違っているなど、後から問題となる状況は作りたくないのが現状ですから、問題が起きないように調整しながら、できる限り正しい分割が行われるように調整します。問題なく分割ができているようなら、それは問題なく完了して、分割されるようになります。遺産によって少しだけお金を得られて、生活の安定感が出ます。

遺留分は期待しても仕方ない

期待したとしても、どうしようもない程度の金額しか出てこない可能性があります。これも遺留分によって作られている要素で、あまり多くの金額が出てこない状況もあり得るのです。しっかりと考えていけば、高くないのはわかってくるかもしれませんが、高いと思っていたものが小さくなってしまうのも当然と思ってください。

そして多くの金額を出せなかったとしても、それはしょうがないことです。かなり多くの金額が期待できる場合でも、遺留分は最低限度とされていることですから、そこまで多くの金額が提示されていくことにはならないと思ってください。

遺産相続における遺留分の意味

遺産相続の問題が起きた時に重要になってくるのが遺留分の存在です。最近は遺産相続でいくら遺言書があってもその通りに必ず遺産を分配する事になると考える人は減ってきましたがそれでも未だに遺言書があればその通りに遺産を相続すべきだと考える人がいるのも現実です。

ですが、実際はそうではなく遺留分というのがあって遺言書があってもその通りに遺産を分割せずに法律で定められた一定割合は遺言書に全く書かれていない人でも相続権があれば相続を受ける事ができるというものです。こういうのがあるのを最近は知っているという人が多くなってきましたが、まだまだ十分認知されていないです。

遺留分を請求しなければならないとき

遺留分と聞いて、内容を知っている人は少ないでしょう。これは、相続するはずだった遺産が、遺言書などによって侵害され、相続する資格がなくなったときに、最低限の遺産を確保できる法律です。自身がもらうはずだった遺産が、被相続人が作成した遺言書の内容で、相続人以外に渡ってしまうのならば、それを裁判で取り戻すことができます。

ですが、いくら裁判を行ったとしても、全額戻ってくる保証はないので、その点は注意してください。相続人が、生活できるように保証する法律でもあるので、最低限の知識として覚えていても損ではありません。

遺留分、遺産分割協議について