債務整理について

詳しく知るためのバイブル

相続人同士で遺産分割協議を実施する

故人がなくなってしまい、遺産の相続をするにあたって遺産分割協議をすることとなるでしょう。その場合には、相続人同士で集まる必要があります。遺産分与の内容については、相続人全員の了承が必要となりますので、多くの時間がかかるような場合もあります。

少してもスムーズに遺産分割協議を進めたいのであれば、第三者である仲介役を立てるべきでしょう。その仲介役には、法律家である弁護士に依頼することで、万が一トラブルに発展してしまうような時が生じても、しっかりと対応をしてくださいますので、より良いこととなるでしょう。

遺産分割協議って何?

遺産分割協議というのは、遺書が残されていなかった場合に残った親族で誰が、どの財産を譲り受けるのかということを話合うための協議です。こちらは相続権利のある人は全員参加しなければならない協議で、これを自体するためにも手続きが必要になっています。誰が相続する権利があるのかをいうことを知るために市役所で家系図などを取り寄せる必要も出てきます。

基本的にやり直しは認められていないのですが、本来参加するべき人が不参加で、後から出てきて、「参加したい」という意志を見せた場合にはその人を含めて再度協議を行わなければなりません。

遺産分割協議は必ず参加しよう

被相続人が亡くなって、相続人同士で遺産分割協議を行いますが、その時に出席しなければなりません。出席しなくとも、遺産をもらえる権利はなくなりませんが、協議の内容に承認しなければ遺産を受け取ることができないです。もし、相続人の中に引きこもりしている方や、遠方でこられない方がいても、勝手に遺産を分けることができないので注意しましょう。

必ず相続人全ての方が集まって、遺言書の内容に納得し、承諾の判子を押すことで効力が発揮します。いくら参加してくれとお願いしても、出席してくれない場合は、家庭裁判所に調停の申し立てができます。

遺産分割協議に参加する

遺産分割協議に参加するのは、相続人として当たり前のことであるといえるでしょう。この遺産分割協議では、相続人の出席が義務付けられています。故人が所有していた財産はさまざまなものがあり、その全てにおいて話し合いをおこない決議していくことが求められています。

相続人の一人が一人でも反対してしまうようであれば、その意見を無視して遺産相続について決めるような事はできず、場合によっては法廷まで持ち越されてしまうケースもあるようです。そのような遺産のトラブルにならないように、スムーズに進めていきたいものですね。

相続人で遺産分割協議を行う

相続人で遺産分割協議をおこなう事は、多くの人が経験することでしょう。スムーズに

進めることができれば、より良い状況で遺産相続を進めることができるでしょう。しかしながら、時としては遺産の内容でトラブルになってしまうような可能性も秘めています。最善の状況を尽くしたいのであれば、弁護士を雇うことで予めトラブルを防止することも、できるかも知れません。遺産の相続の内容については誰一人として、同じ内容はありません。遺産相続に関して多くのことを経験している弁護士であれば、スムーズに対応をしてくださることでしょう。

遺留分、遺産分割協議について