債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

自己破産は最終手段!?
最も良く知られている解決方法

自己破産とは、破産の申し立てを行い、全ての借金の免責を受ければ、その全ての借金がゼロになり、支払い義務がなくなります。

しかし、一度自己破産をしてしまうと、お金に対して管理力のない人と位置付けられてしまうため、クレジットカードや銀行から融資を受けることは当然できません。

また官報の破産者名簿に名前が載るなど、デメリットがあるのも事実です。

借金に困ったら自己破産をしろという言葉をよく耳にしますが、自己破産は誰でもできるというわけではありません。自己破産には厳しい審査があります。

その条件に満たなければ、自己破産は受けることはできないので、ご注意下さい。

任意整理や自己破産に関する知識

多額の借金や、複数の借入先からの債務を抱えている場合、計画的に返済を続けるのは困難なケースもあります。債権者との間で条件交渉が行われる任意整理などの債務整理を行うことによって、借金の残額を減らすことが可能です。

しかし返済を完了させる計画の見通しが立たない場合には、自己破産の手続きが行われます。目の前の借金が帳消しになるよう裁判所への申し立てが行われるため、悩みを解消できると同時に、以降の収入においても生活費に充当させることができます。一定の財産を所有している場合は手放す必要があるものの、借金の苦しみからは解放されます。

任意整理と自己破産、どちらを選択する?

任意整理と自己破産、どちらを選択するべきなのかは自分の人生においてとても大事な決断になります。もしあなたの借金がまだ自分で毎月返済できる金額であるようだったら、借金相談所などに相談して、一度整理する形を取ることをオススメします。

なぜかというと任意整理に関しては行った所で、その後生活に支障が出るようなことが非常に少ないためです。誰にもばれずにどうにかしたいという場合にはよりこちらの方法をオススメします。自分から言わない限りは他人にバレるような心配は全くありません。相談した所からばれるのでは?と不安になる人もいるかもしれませんが基本的に守秘義務がありますので安心です。

任意整理や自己破産について

任意整理や自己破産は、借金の返済が立ち行かなくなった際に、行うことのできる法的な解決方法になります。任意整理は貸金業者との示談交渉となりますので、裁判所での対応などはありません。

手軽にできる債務整理の方法として、多くの人が行う手段とも言えます。もう一方で、自己破産については債務整理の中でも、最終的な方法となりますが、裁判所に申し立てを行い認められれば借金をゼロにすることができます。いずれにしても、両方ともしっかりとした法的な手段となりますので、安心して行うことが可能になります。自分に適した方法で、債務整理を行うことをおすすめします。

任意整理と自己破産の違いはなにか

任意整理は自己破産と違い、借金の返済は続きます。返済が必要とはいっても借金の全額を返済するようでは、整理する意味がないので、借金の減額が主な目的です。無理のない返済プランに変えていくので、自己破産とは違い司法を通しません。

破産宣告とは違うので、再度ローンを借りることも出来ますし、破産宣告より制限は、とても小さいです。破産宣告をしてしまうと、ローンを借りることが出来なくなりますし、社会的信用は無くなってしまいます。そのため破産宣告は最後の砦として残しておき、任意整理でなんとか借金を返済できるようにしていきましょう。

過払い請求、債務整理、自己破産について