債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

遺産分割協議の取り決めについて

相続人全員で遺産の分与をおこなう場面が遺産分割協議になります。この遺産分割協議については、相続人全員参加であることが基本的に定められています。基本的には相続人同士で話しあったことが優先され、自由に決めていいことがあげられますが、何らかのトラブルが見られた場合には法律で定められている分与方法になります。

お金などの分けることのできる相続だった場合には、スムーズに遺産を分けることができますが、不動産などにおいては分けられないものになりますので、そのようなケースの場合には、もめてしまうケースが多数あります。

遺産分割協議書を作成時の注意点

遺産分割協議書を作成時の注意点としては、特に法律で定められていることではないので、形式などの指定はありません。しかしながら、不動産などの登記の場合において使用しますので、そのようなケースにおいて使用しやすいように、はっきりと明記しておくことが大切になるでしょう。

被相続人と相続人共に、フルネームと生年月日、本籍、続柄などを記載しておくことです。被相続人においては死亡年月日も、記載しておくことをおすすめします。必ず必要になるのが相続人のサイト捺印になりますので、忘れないように注意をしておきましょう。

遺産分割協議を進めるために弁護士を

弁護士の力によって、色々な問題を解決できるのは知られています。利用されている場合も多くなり、どんどん多くの情報を提供され、最終的に解決まで導いてくれます。遺産分割協議でも、弁護士がいることで大きなメリットを持っています。

弁護士がいなかった場合、何も教えてくれませんし、遺留分などの分割をしないまま行ってしまい、最終的に失敗している可能性もあります。本当に大事な情報を提供してくれる人がいないと、協議がしっかりと完了しません。大事な部分をしっかりと伝えてくれて、自分が解決できると判断できる環境を作るのです。

遺産分割協議で時間が足りない場合

分割したい時間を出来る限り割きたいと思っているのはわかりますが、遺産を相続できる期間は決められており、時間が足りない場合も出てきます。遺産分割協議も、早く解決することが基本とされますが、結構時間が足りなくなって苦労します。

少しでも早く終わらせて、すぐに分割できるように努力することです。とにかく足りない場合は、電話連絡などでもいいから協議を進めて、早く終わらせるようにします。また弁護士などの人に話をして、困っている部分を聞いておきます。場合によっては弁護士の判断に任せて、最終的に承諾する程度にする方法もあります。

遺産分割協議の仲介を求める

協議をしたけど全く決まらない状況になり、どちらも言い分を変えないのであれば、まずは仲介してくれる人を見つけてください。見つけるだけでも結構変わってきますし、安心して遺産分割協議を行える可能性があります。

相談していることで、仲介してくれる人が言い分を説明して、本来できることかどうか判断してくれます。遺産は分割して支給するのが基本となりますが、分割の額などを巡ってトラブルが起こりやすいです。この問題点をしっかりと把握してくれる専門科にお願いしているだけでも、非常に良い状況が生まれるのは間違いありません。

遺留分、遺産分割協議について