債務整理について

詳しく知るためのバイブル

債務整理とは?

遺産分割協議の重要性

故人の遺産を分けていくにあたって、遺産分割協議は共同である相続人と話し合う機会になります。平等におこなうことが第一としていますので、基本的には全員参加でおこなっていくことが必要とされます。

遺言書がある場合やもめない限りは、相続人の話あって決めた分配方法が一番に優先されることとなります。万が一トラブルに発展してしまった場合には、家庭裁判所で調停をおこなう必要も出てきてしまいますので、円滑な話し合いができるようにしておくことが大切になります。そのために法律家を進行役に依頼する事は、有効な手段であることがあげられるでしょう。

遺産分割協議に参加したら

色々な事情で、遺産分割協議に参加した場合は、どのような状況になっているかメモを取るようにしてください。このメモを持っていることが、最終的に弁護士に相談したり、次の遺産分割協議に繋がる場合もあります。

協議をしたけど解決していないなら、前回の分がわかるようにしていないと、全く効果がありません。安心して相談できる環境とするためには、どうしてもメモが必要になります。誰かがそれを取るようにして、行っている状況がわかるようにします。これだけでも次の協議に向けてわかる情報源が多くなるので、話しやすい環境となります。

面倒になる前に早めの遺産分割協議を

被相続人が亡くなり遺言がない場合、相続人全員で遺産分割の話し合いを行う事を遺産分割協議といいます。この遺産分割協議では、相続人同士が集まり協議を行い、遺産の分配を決めますが当然不服も少なからず出てくることでしょう。

それに、遺産相続にはいつまでと期間が定められていないため、協議が長くなるにつれ複雑となる問題もあります。この問題を解決するためには、相続人をしっかりと把握し、戸籍謄本などの書類を集めておく必要があります。また、長期化しないように、相続人はこの協議に集まった方のみだと断定して、遺産分割を行ってしまいましょう。

専門家の協力で遺産分割協議を粛々と進める

故人が遺言書を残さなかった場合、残された財産は遺族が相続します。この際、相続人が複数いる場合は財産の分配について話し合いをする必要があります。この話し合いを遺産分割協議といいます。協議の際はあらかじめ、司法書士や弁護士など法律の専門家に相談しておくと良いでしょう。

相続問題に関しては法律的に対処すべき事柄が多数あるため、問題点を把握しているだけでも、感情論に陥りがちな協議を有意義なものにできます。また、遺言書が残されていて遺産分割協議が必要ない場合でも、相続人が納得せずに大騒ぎするケースが多々あります。このような問題でも専門家の協力が得られれば、泥沼にはまることなく適切に対処することが可能です。

遺産分割協議書の作成は専門家におまかせを

遺産相続において相続人が複数いる場合、遺産分割協議を行う必要があります。協議が成立したら、相続人全員の合意が得られた内容を取りまとめ、遺産分割協議書という書類を作成します。必ず作成しなければならない、という訳ではありませんが、この書類は土地所有権移転の手続きで必要となるため、この段階で作成されるケースが多いです。

ご自分で書類作成することも可能ですが、行政書士、司法書士、弁護士などの専門家に依頼すると、作成から各種手続きまでまとめて行ってもらうことができます。相続に関する全ての手続きをお任せできる事務所も多く、無料相談を行なっている所もありますので、早めの相談をお勧めします。

遺留分、遺産分割協議について