債務整理について

詳しく知るためのバイブル

過払い請求は借金相談所から

過払い金、本来返済義務のない金額の請求のことで、こちらは返済が完了してから10年以内であれば、借りていた会社に請求をかけることができます。しかし自分に過払い金があることがわかっても、自分自身で交渉して、過払い請求をかけようという人はあまりいないのではないでしょうか?

そういった時にこそ借金相談所の出番です。大体1社2万円くらいで担当してくれます。また戻ってきた過払い金の中から支払うことができるので、今手元にお金がなくても依頼をすることができます。支払い方法もいくつかの中から相談することができますので、自分に合った方法で支払が可能です。

借金相談の中でも増加している過払い請求

最近、ラジオなどを聞いていると「過払い金がある人は○○借金相談所へ」のような宣伝を聞きませんか?今までそんなに意識していなかったこともあるか思うのですが、昔よりも宣伝が増加しているような気がします。

その背景には、一番過払い金があった時期に借りていた人の返済が終わりつつあることがあります。最近ではお金の貸し借りに関する法律も厳しくなってきており、利率をかなりあげて返済させるような業者はほとんどいませんが、もう少し規律が緩かった10年以上前に借りている人たちは過払い金が発生している可能性が高いのです。そういった人たちが過払い請求をするようになったため、増加しているといえます。

過払い請求をするなら事前に借金相談を

自分に過払い金があるのかどうかは自分で計算することもできるのですが、計算方法が少し厄介で、普段数字に触れていないような人ですと難しく感じることもあります。今では借金相談所などで過払い金の有無を電話だけで見てくれるところもありますので、事前にそういったところに軽く相談してみるといいでしょう。

またもし過払い請求を考えているのであれば、よりプロに相談することをお勧めします。なぜかというと、過払い請求は結局のところ、借入先との交渉がキモになってきます。相手も何人ものこういった相談にのってきている人たちですので素人が対抗するのは難しいところもあります。

過払い請求の相談をするなら

貸し金業者から借金をした経験がある場合で、既に返済が完了していれば、過払い請求をしてお金が返ってくることがあります。これは、利息制限法と出資法で金利の設定に差があったことから発生したグレーゾーン金利を、お金を借りていた消費者が払いすぎていたことから返済されるものです。

請求は自力でもできますが、煩雑な手続きが非常に多く、貸し金業者側も真摯な態度で対応してくれることなどほとんどありません。借金相談として弁護士か司法書士にするのが、ベストです。請求額が140万円以上であれば、弁護士に相談した方がいいでしょう。

過払い請求できるケースは

貸し金業者から一度でもお金を借りた経験がある人は、可能性として過払い請求をできる場合があります。ただし、請求するには借りたお金をしっかり返済している必要があります。ですから、過払い金の請求は債務整理ではありません。

借金相談は、近くにある司法書士か弁護士事務所にします。明細や契約書がなくても相談できるので、気軽にしてみましょう。また、無料相談できる事務所も少なくないので、利用しやすいです。請求額が140万円を超えると、弁護士に相談するのが良いのですが、まずはいずれかに相談して具体策を提示してもらいます。見積もりを見てから、依頼するかどうかを決められ、相談料、着手金は無料のことがよくあります。

過払い大阪は信頼できる弁護士

過払い請求、債務整理、自己破産について